main-visual01

伊賀肉とは

cow-beef

和牛は、鎌倉時代末期より役牛(物の運搬・農耕などの労役に使う牛)として人間社会に関わってきました。
鎌倉時代の鎌倉末期1,310年に書かれた国産の牛の図説「国牛十図」に大和牛として伊賀牛が紹介されており、江戸時代に伊賀より全国に散らばった「伊賀の忍者」は食料として伊賀牛の干肉を携帯していたと言われています。
それまで主に役牛であった伊賀牛ですが、明治26年に東京の肉屋に奉公した金谷清三郎が明治38年伊賀から東京へ肉牛として出荷した伊賀牛が評判になり、それ以来伊賀牛の名声が高まり現在に至っています。
現在では、布引山脈からの清流、四季の寒暖の差など三重県伊賀盆地特有の豊かな自然環境があってこそ生まれた肉質の芳醇な香りとコク、とろけるような柔らかさを持つブランド牛として多くの消費者の方に支持されてきています。
伊賀産肉牛生産振興協議会会員が飼養管理する黒毛和種の雌の未経産牛で、最終肥育地として伊賀盆地(伊賀市・名張市)で12ヶ月以上飼われ、肉用として出荷される牛にのみ「伊賀牛」という名称で販売されます。

奥田ブランド牛について

伊賀米で育った伊賀牛について


ページの先頭へ戻る